space×space


音楽、野球・・・色々語ります。HPとほぼ毎日更新ブログもあります。
by acidrock-music
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
リンク
▼ブログ
飛び石日記
color roots

▼音楽
ACIDMAN
THE BACK HORN
UVERworld

▼プロ野球
お気に入りブログ
検索

終戦記念日。

今、フリージャーナリストの橋田さんのドラマを見ています。
なんというか・・・もう言葉がないです。

橋田さん、橋田さんの奥さんは凄い。
戦場に自ら危険を省みずに飛び込み取材をし、イラクの子どもを助けようと必死だった。
確かに、死を覚悟しての行動。
殺害されたって仕方ないじゃないか、そう思う人はいると思う。
でも全く知らない、イラクの人を、イラクの子どもを助けるために、自分の命をかけて守ろうとした橋田さんを悪く言う資格は誰にもない。
このドラマにもあったけれど、遺族に対する冷たい言葉の数々。
何故、皆同じ人間なのに相手のことを考えられないのか。

それはイラクとアメリカの戦争も同じ。
やられたからやりかえす。
そんなことあってはならないこと。
日本で1人の人が殺されたとする。遺族は犯人を殺してやりたいと思うだろう。
でもそれは出来ない。
どんなに犯人が憎くても、どんなに死刑を望んでも、それは出来ない。
日本にはそういう法律があるから。

じゃぁ、これが国対国の争いならば許されるのか。

大勢の人が犠牲になったんだから、報復されても仕方がない、と。
それに同意してしまったらおしまい。

殺人に正義などない。

日本人が声を大にして戦争に「NO」と言えたなら世界は変えられると思う。
唯一の被爆国として出来ることを、もっと必死に伝えるべきだと思った。

♪坂本龍一 「戦場のメリークリスマス」
これ書いてたら頭でこれが流れてきました。
[PR]
by acidrock-music | 2005-08-15 22:30
<< 加地とヒゲとスネラン。 横浜で魔法のランプ発見!! >>


ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧